知っておきたい出会い系サイト規制法について

出会い系サイトは、割り切った関係や身体的な関係も求めることが可能です。
日常生活ではなかなか生み出せない出会いであるということもありますので、実際に募集をしている方もいらっしゃるでしょう。
その中で覚えておきたいものが1つあります。
「出会い系サイト規正法」の存在です。

規制法が制定された理由とは

その背景として考えられるのはやはり「自動の売買春」についての問題でしょう。
未成年者の売春もしくは成人の買春行為を取り締まる目的で制定されたのです。
出会い系のサイトの中において考えてみると、18歳未満の登録利用を禁止しているというのもこの規制法が理由となっているのです。

サイト運営者側の問題ばかりではない

規制法はサイトを運営管理する上で守らなければならないものともいえます。
しかし、運営者側ばかりの問題ではなく利用者側の問題ともいえるのです。
規制法に基づいてサイトの利用規約を設けているということも少なくありません。
それらをしっかりと守った上で出会いを求めていくことが大切であり、正しいサイトの使い方といえるでしょう。

募集する際も注意しよう

相手募集をする際、掲示板に書き込みをされることもあるかと思います。
このとき、身体関係と金銭的なものを交換条件に・・・などと明記してしまうことによって、それが売買春行為であると受け取られ、書き込み削除や注意勧告、場合によってはサイト強制退会などという可能性もあります。
気軽にできるのが魅力の書き込みではありますが、こうした点にも注意しておくようにしましょう。

詳細について知りたいという方へ

規制法についてもっと詳しく知りたいという方は、警視庁公式のホームページに記載されていますし、分かりやすく解説してくれているサイトもまたありますので活用してみてください。
こうした法律や規則が存在しているということをしることによって、より安心した出会い環境を作ることもできるのではないでしょうか。